MENU

クレジットカードの支払いを延滞遅延しない、唯一の解決策とは?

クレジットカードの支払いを遅延してしまう、という方は意外にも多いようです。カードを使った時点で支払いが発生するのは分かっているのに、遅延してしまうのはうっかりとお金を口座に入れておくのを忘れていた、という人も多いと思います。

 

準備したつもりが、前日の銀行営業日が終了していたために、他社の銀行からの振込日がズレこんでしまい間に合わなかったケースというのも多々あります。

 

もしもうっかりによるクレジットカード支払いの遅延であれば、スケジュール帳に書くなど一日でも早い準備をすることで改善できる可能性はありますが、問題はお金自体が準備できない、というケースです。

 

 

クレジットカードの支払いを遅延してしまうとどうなるのか

 

クレジットカードの遅延というのは引き落とし日に支払いが出来なかった時点で遅延という扱いに見なされてしまいます。その場合のカード会社の対応というのは様々で、後で振込用紙が送られてきたり電話で確認があったり、中には数日後にまた引き落とし手続きが行われるとろこもあるという話もあります。

 

とりあえず支払いができれば問題がないのですが、カード会社としてはデータベースに遅延という形で記録が残されてしまいます。ですので少しくらい遅延しても支払いをすればいいわけではありません。

 

数回遅延が続いてしまうことで、カードの使用停止や強制的に解約をされてしまうこともあります。どんな事情があってどんなに正当な理由だとしても、引き落としの日に支払いが出来なかったことは、契約上では遅延になってしまい、カード会社からの信用を落としてしまうことになるというわけです。

 

 

クレジットカードの遅延を起こさない対策

 

対策としてはとにかくカードの引き落とし日までに現金を準備することです。とくに引き落とし日の期限が迫っている時は方法として最適なのが、モビットの10秒審査から始めてみて早急にキャッシングの申し込みをしておくことです。

 

モビットのいいところは、電話連絡もありませんし、自宅に郵送されてくることがないので、家族に知られることがありません。パソコンやスマホでお金が準備できるという強みがあります。

 

 

クレジットカードの引き落とし日までにキャッシング

 

私自身がとても助かったことが何度もあります。特にどうしても使いすぎてしまう時の現金の準備としては最適で、コンビニの提携ATMで一時的にお金を移すだけで済んでしまいますので、期限が短い時でも重宝しています。

 

モビットはATMの操作も簡単ですので、ぜひおすすめしたいキャッシング会社の一つです。