酵素ダイエット基礎知識


酵素ダイエットとは

酵素ダイエットとは人間が持っている代謝機能を取り戻し、脂肪を燃焼しやすい体質に変えていくダイエット方法です。年を重ねていく事に消化機能や吸収機能、代謝機能などが衰えて正常に働かなくなります。酵素が不足すれば炭水化物やタンパク質などの栄養素が上手く分解する事が出来なくなり、腸内に未消化の残留物を残すことになります。代謝が悪ければ、便秘や肥満にもなりやすくなっていきます。その原因となる酵素の不足を補うのに酵素ダイエットが最適で、多く人から注目されています。酵素ダイエットは食事によるカロリーを制限するダイエットとは別ものです。酵素は果物や生野菜に多く含まれています。
しかし、酵素は熱に弱く48度前後で活性が止まってしまう事から、生の状態で食べる方が効果を発揮します。他にも納豆やヨーグルト、漬物にも酵素は豊富に含まれており、酵素ダイエットに大きく役立ちます。昼食は仕事で出かけている人が多いので、酵素サプリメントなども売られています。睡眠不足も酵素が不足する原因となります。睡眠不足によって代謝酵素が不足し、疲れやすく病気にもなりやすくなります。酵素ダイエットは酵素不足によって悪くなった代謝機能を改善し、脂肪燃焼を促進させるもので、すぐに短時間で効力を発揮して痩せるわけではありません。酵素ダイエットを成功させるには極力ストレスを貯めない様にすること、さらに胃腸に負担となる食べ過ぎやアルコール類の飲みすぎも厳禁です。



ページTOPへ